スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛蘭土魂

サン・パトリシオサン・パトリシオ
(2010/03/10)
チーフタンズ feat.ライ・クーダーモイヤ・ブレナン

商品詳細を見る

以前に書いた自分の心のアルバム「SANTIAGO」の続編といえるような作品。最近滅多に行かないタワーレコードでなんとなしにワールドコーナーを見上げたら4日前に発売になってました。インシュアラーもといインシュマリアーであります。

前作と同じくRy cooder, Carlos Nunezをはじめとする豪華ゲスト、数々のメキシコを代表するアーティスト達。
よくないわけがないので音楽的内容は割愛しますが、特筆すべきはそのコンセプト。

アメリカ・メキシコ戦争において、新興移民としての立場の弱さから戦う理由もわからぬままアメリカに戦争に狩り出されたアイルランド移民達、彼らを中心とした部隊の中からアメリカを離反し、メキシコ側について戦い、最後は捕虜となり、大多数が処刑されたり、額に脱走兵という烙印を押された部隊、
San Patricio(聖パトリック大隊)

メキシコ、アイルランド双方より彼らに捧げるアルバムらしいです。  
うーん、素敵やん。 

細かーい字のライナーノーツを読んだらパディモローニのこんな言葉がありました。
「I know for myself, if the Irish were there,
      there would most certainly have been music.」
アイルランド人あるところに音楽あり。
どんな困難な状況にあろうともこう断言できるんですね。

いやん、重ね重ね素敵やん。

(付記)
過去の話のように思いますが、今でもアメリカの行っている戦争の最前線には、グリーンカード(アメリカ永住権)欲しさに兵役に行っている多くの外国人がいるようです。安住の地があるということは有難いことです。キリッ!

スポンサーサイト

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Tag : チーフタンズ ライクーダー サン・パトリシオ chiftains rycooder

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。