スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マオー

魔王 (講談社文庫)魔王 (講談社文庫)
(2008/09/12)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る

兄の机においてあったのを拝借して読了、そういえば謀らずも兄弟の話でした。自分も勘違いしてましたが嵐の大野君が出てたドラマとは全く関係ないようです、あしからず。
途中からかなりサラッと読んでしまいましたが、うーん正直なんか印象に残らないんですよね伊坂幸太郎作品って。これはもう完全に相性の問題なんだとおもいますけど、ラッシュライフとあとなんか殺し屋がいっぱいでてくるやつ2,3作品くらいよんでるんですが・・・・    とはいえ日本社会、それから最近の政治に対する分析力はさすがでしたしあとこの人は作中に出てくる細かいエピソードなんかがおもしろい、この作品でも途中からキーワードになるムッソリーニの処刑時のエピソードはすごくおもしろかったです。あと巻末の方の本人によるあとがきも好感が持てました。

しかしこの人の本は本屋で平積みしてると買いたくなりますね、タイトルとかもうまいんでしょうね、ピッタリくる感じではないけど今後も読んでいくだろう作家さん、グレート。
スポンサーサイト

テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。