スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晋平さん

しんぺい
先週末は数年来参加させていただいている某市会議員さんの後援会で演奏。
『カチューシャの唄』『砂山』等、ヤポネシアの古い唄を中心にやりました。

出番前、毎年ご一緒させていただいている講談師の師匠から、『上を向いて歩こう』は永六輔が中村メイコにフラれたときにできた曲やとか、『カチューシャの唄』で中山晋平が歌詞のなかにララという感嘆詞をいれたことが当時いかに革新的だったかなどと昭和歌謡あるあるを拝聴した後、
「ほたら師匠、お先に勉強させたもらいまふ」と挨拶して舞台へ、無事終了。

中山晋平wikipediaによると「證城寺の狸囃子」で作詞者にキレられながらも「しょうじょうじ、しょうじょうじ」という歌詞から「しょ、しょ、しょうじょうじ」とビートの利いた曲を作ったのもこの人らしい。
晋平まじパイオニアやん、チョーかっこE~
スポンサーサイト

テーマ : 音楽的ひとりごと - ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。