スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

順齢に巡礼

SantiagoSantiago
(2009/08/04)
The Chieftains

商品詳細を見る


最近ガイタ奏者の方とお話する機会があり、私の心の一枚と紹介したアルバム。
ガイタとはスペインのバグパイプです。ガイタの中にも数種類あるようなので、このアルバムの中でCarlos Nunezが吹いているものは正確にはGaita Galegaということになり主にガリシアという地方で演奏されるもののようです。Dueling Chantersという曲ではPaddy Moloneyの演奏するアイルランドのバグパイプ、イーリアンパイプとの共演もあります。

アルバム自体はThe Chieftainsのものですが、前述のCarlos Nunezをはじめ、Los Lobos, Linda Ronstadtなど多彩なゲストでテーマがキリスト教の聖地であるサンチアゴ巡礼という、なかなか壮大なアルバムであります。
何の縁かおそらく高校生のとき初めて聞き当時はまったく何の知識もなかったもののなぜか気になるアイツのアソコで何度か買い直し聞きつづけております。
以前少し住んでいた東京から自転車で長野に旅行した時の丘を登るとき、一年程前にマウント富士に登った時の下山時、この時BGMとして聞いたこのアルバムは本当に最高で忘れられぬ音楽体験であります。
近くお遍路さんする人などは是非持参していただきたい、いつか恐山で聞いてみたい一枚、了。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。