スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こわい・・・

パレード (幻冬舎文庫)パレード (幻冬舎文庫)
(2004/04)
吉田 修一

商品詳細を見る

映画化ということで、平積み買いです。
なにが驚きって同じ吉田修一さんの芥川賞受賞作「パークライフ」を、読んだことがあるという記憶以外なにも覚えてない自分、当時ブログも書いてなかったしなー。
でも調べなおしてみるとそういう類の作品だったようで、特にストーリーがあるわけでもなく記憶に残りにくい作品。

この作品も最初はそんな感じです。春樹を思わせる洒脱で軽妙な会話、若者達の独特な空気感、生活感をふんだんなウィットと共にうまく描いてます、さすが専業の作家さんはうまいな~と思いながら穏やかに読んでました。

However,最後に突き放されます・・・・

一般に「こわい作品」というのが大多数の方の感想のようです。
しかし、「最後の5章のみを石田衣良が書いたら爽快な青春小説になるのではないか」と言ってる方もいるような(ものすごい分かりますこの意見)、いろいろな受け取り方のできる奥の深い作品、デフォルト2回読みです。

個人的には、都会で自由に生きる人間をオシャレにスタイリッシュに描くだけの小説が多い中、その要素を高度に取り入れながら最後に突き放すというのにシビレました。

スポンサーサイト

テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

楽々!視力アップマニュアル・トレーニングキット付き(CD-R&完成品トレーニングキット版)

あなたは、1日に何時間パソコンのモニターを 見ていますか? 最近、眼がかすんだり...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。