スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

a lot of people

ララピポララピポ
(2005/09)
奥田 英朗

商品詳細を見る

前読の三島作品と同じく本屋さんの平積みで気になり購入。裏書のAVスカウトマンという単語に惹かれました。宮様まで出てくる昭和の上流階級の話から一気にSHIBUYAへ。こういうところが読書の醍醐味であります。

作者は精神科医伊良部シリーズ、サウスバウンドの奥田英朗さん。

構成としては各登場人物が主人公となったショートストーリーが次々とリンクして一つの話として繋がっていくんですが、その登場人物が高学歴ひきこもりデブ、風俗スカウトマン、熟女企画系AV女優、渋谷のカラオケ店店員等々。みんな歪んだ部分がクローズアップされていますが、決して誇張的ではない普通に存在しているような人々です。

ひきこまれて一気に読み終えましたが、正直なかなか強烈でした、リアルな現実を描くとき一番効く手法はこうやってただ淡々と事象を書き連ねることではないかと。だって現実って残酷なことや悲惨なことでも劇的ではなく無感動に起こりますから。

そしてまた登場人物がなんせよくオ○ニーをするんですが、これも攻めのオナ○ーではなく、暇すぎてとか金もなく鬱屈だけが溜まってとか。あー分かるけどいっちゃうんすかソレみたいな感じが全般にあります。
セリフの中にもありますが、負け犬大集合、ルーザー達の共演という趣ですが、僕は一概に人事とは思えません、全員の歪んだ部分に分かってしまうところがある、誰しもが持っている負の部分をあくまでポップに描いたこわーい作品だと思います。

タイトルのララピポという言葉の意味が分かる部分はやっぱりうまい作家さんだなと感心しました、私は勝ち組っ!と普段から思い込んでいる方以外は精神状態の良好なときに読むことをおススメいたします。

調べてみたら今春に既に映像化されていたみたいで、しかも脚本が僕の好きな中島哲也さん。
これは見ないと!!
スポンサーサイト

テーマ : 小説 - ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。